脱毛の知識

小学生が脱毛?未成年の脱毛サロン契約事情


脱毛サロンの若年化が進んでいますが、高校生など未成年の場合には親の同意書が必要が条件で契約が出来る所もありますが、最近では小学生でも契約をする人も多く見られます。


そもそも脱毛サロンは何歳から契約できるかというと3歳から可能としているエステサロンもあります。キッズ脱毛のコースで宣伝しているエステサロンも多く見かけるようになりました。しかし3歳といってもまだ産毛が生えているかどうかですが、脱毛の目的としては将来の毛の発育を抑制する効果があるとして生える前から処理をする子もいます。


当然3歳などは上手く意思疎通が取れないので親子同伴してでの契約、施術になりますが、未成年の場合には保護者の来店を条件として施術を可能としている所もあります。


疑問が残る部分もありますが、脱毛サロンで用いる光脱毛は毛周期を意識した処理をする事で成長期の毛を処理して脱毛が完了します。毛周期とはホルモンバランスとも関係が高く、ホルモンバランスが乱れると毛周期も同時に乱れて脱毛の効果が出ない事もあります。


この事からホルモンバランスが安定する生理を開始する頃の小学校高学年からの契約を可能としていますが、まだまだ生理が不安定な人や来ない人は十分な効果が見込めないとして契約を見送る事もあります。


また、成人よりも肌のバリア機能など機能面でも未発達な部分もある子供に関して脱毛における肌の負担はどうかというと、出力を最小限にする事で出来るだけ負担を軽くしたりと工夫や配慮はしてはいます。しかし、万が一の危険性も想定して保護者は契約を許可したいところです。


若いうちから脱毛をしても、出産などホルモンバランスが不安定になる時期を過ぎると毛の体質が変わったり、再度毛が生えてくるといった例もある為、若いうちからの脱毛に関しては永久性はありませんが、ムダ毛がコンプレックスである事で精神的なダメージがあるなどは上手く活用してみても良いでしょう。