脱毛の知識

脱毛サロンの中途解約とクーリングオフの解説


脱毛サロンに行っていると、店員の対応が気に入らない、あまり効果が見られないといったことや、引っ越しをせざるを得ず解約しなくてはならない状態になったということがあり、解約する人の事情は様々です。


一方、契約したはいいものの、そのことが家族にバレてそんなものに金は出せないとばかりに、契約を無効にする、つまりクーリングオフにしてもらうよう頼んでくる人もいます。こうした契約を途中で終わらせることを中途解約を言います。


中途解約をするには条件があり、契約金額が5万円以上であり、契約期間が1カ月以上ある場合に中途解約をすることができます。法律上は5万円以上の契約や1カ月以上の期間さえあれば中途解約は可能になります。ただ、そのお金がまるまる戻ってくるほど、甘くはありません。消費者の側もいくらかの違約金を払う必要があるのです。


こうした違約金は上限が定められており、2万円がその上限とされています。当然脱毛をしてもらった分は払わなくてはならないため、残ったお金から上限の2万円を引いた額が戻ってくるのが普通です。中にはなかなか解約させてもらえない、戻ってきたお金がわずかといった事案もあります。そうした時にはしかるべき場所に申し出るなどしましょう。


クーリングオフの場合も契約金額、契約期間は中途解約と変わりません。契約書が交わされてから8日以内なら契約解除ができます。契約した日が1日目とカウントされるため、実質1週間以内に解約を申し出る必要があります。クーリングオフは契約がそもそもなかったことにできるため、違約金なども払わずに済みます。


やり方としては、契約解除の通知をお店に簡易書留で送ればよく、わざわざ店に行って申請しなくても大丈夫です。クレジットカードの場合にはローン会社にもこうした申請を行う必要があります。その際、証拠として通知の紙をコピーしておき手元に置いておきましょう。


悪質な業者はいくつもありますが、すぐにクーリングオフしないよう、ちゃんと計画的に契約するのが第一です。